IT力向上による中小企業の事業競争力向上・働きやすい環境づくりを支援します。

組織&社員のIT力アップ実現を支援
すべての社員が実践的なITスキルを習得し、 IT活用でビジネスや業務を進化させ続けられる。 そんな「会社の未来の姿」実現に向け、 IT知識とIT業務力の向上を支援します。

ITやデジタル活用がますます重要となるビジネス環境。

新たなITビジネスや業務改善の提案が社内で次々と生まれる…

そんな会社環境に変化させていきませんか?

IT知識・スキルの向上で、こんな課題も解決。

課題 文書作成ソフトや表計算ソフトなど、業務用ITツールの知識やノウハウがアップデートできていない。 そのため、現在の作業方法や業務マニュアルが効率的なのか判断できず、改善を求める声や自発的取り組みが出てこない。
解決

現場担当者のIT知識・スキルアップにより、誰もが常に「より良い方法」に思いをめぐらし、提案・挑戦もできる。 作業の効率化だけに留まらず、現場ボトムアップ型の継続的改善やアイデア創出など、全員参加型のIT組織づくりにもつながります。

課題 ITやデジタルに詳しい従業員が限られるため、質問やヘルプ対応が集中してしまう。 結果、現場でのIT利用・活用が円滑に進まず業務スピードが落ちるし、IT担当者への負担集中も心配。
解決

社員一人ひとりが対応できるIT分野・スキルの幅が広がることで、業務実施の度に、ITを活用した改善にも継続的に取り組めるように。 作業効率の向上、業務の平準化や適材適所の人材配置など、従業員満足の大きな向上にもつながります。

課題 現在は、IT関連業務を外部ベンダーに依頼しているが、対応費用や妥当性を判断できない。 実現内容に過不足が無いか、過剰費用になっていないかなど、疑問・不安が消えない。
解決

基本的なIT知識を有するだけでも、提案内容の理解・納得や、不足・不十分な対応内容の気付きなどが随分と可能に。 ITベンダーとの円滑・的確なコミュニケーションの実現は、IT投資費用の適正化につながります。

『IT力(知識+業務活用力)』アップに向けた役割・業務ごとの支援メニュー。

イラスト:基本から始める方へ

基本から始める方へ

意識せずに業務で利用している数多くのIT技術やサービス。 2022年からはIT科目が高校で必修化されるなど、「誰もが基本知識を持っている」時代の到来が間近な状況。 不足しているITスキルを補充し、ビジネスや業務に活かしていきませんか。

詳しく見る

イラスト:経営層・管理職の方へ

経営層・管理職の方へ

社員や部下も含めた組織「全体最適」視点で活動する経営層・管理職の皆さん。 ITについてもツールの導入だけではなく、制度や運用ルールと合わせて整備することが重要。 組織全体として効果的なIT業務環境を、ご自身で作ってみませんか。

詳しく見る

イラスト:現場・実務部門の方へ

現場・実務部門の方へ

もっと効率良く作業ができないか悩みつつ、マニュアル通りに作業しているだけのIT業務。 知ってさえいれば簡単に工夫・改善できることって少なくありません。 皆がIT知識・スキルで次々と改善ポイントに気付ける…、そんな部門を実現しませんか。

詳しく見る

イラスト:ミドル・シニアの方へ

ミドル・シニアの方へ

これまでの業務経験・知識やノウハウは、会社にとって宝物。 そこにITスキルが加われば、若手へのノウハウ共有や伝承、迅速なアドバイス発信、適応可能な業務範囲の拡大など、更なる業績貢献。 ITにも強いベテランへと、更に進化しませんか?

詳しく見る

内容はカスタマイズで最適化。着実なスキルアップを実現。

イラスト:コースイメージ
Q 一般的なITスクールやIT研修との違いは何ですか?
A

興味のある分野や汎用的なスキル習得が目的であればITスクール、 新人研修のように先ずは同じスキルを皆で獲得することが目的であればIT研修もとても有効な場です。 当社では、既に配属・担当されている業務に合わせた内容を学んでいただけること、 そのため、学んだことをさっそく次の日から現場で活用いただけることを特長としています(下図)。
数年後には、多くの新入社員が、高校でIT基本を学び終えた状態で入社してきます。 そうした若手の力を十分に引き出してあげるためにも、 既に組織で活躍されている皆様にもビジネスや業務に必要な最新のIT力を獲得・補充いただきたいという想いも込めています。

イラスト:コースイメージ

チェンジデザインについて

コンサルティングの様子イラスト

ビジネスITのトレーナー&アドバイザーとして

組織のIT力・デジタル力を強化するために必要なビジネスITを "教える人・教えること" から始まり、実際にITを活用する力(業務スキル、業務環境づくり)養成まで支援。 IT業界などで積み重ねたビジネス力、技術力、教育力で、主に経営者、管理職、非エンジニア職の皆様のITスキルアップをサポートしています。

取り扱うのは "デジタル" ですが、居心地、魅力、共感や触れあいなど、アナログ的な関係性の構築を大切に、ビジネス・実務に活かせるITのご提案や支援を行っています。

皆様に負けず劣らずの熱量を持って全力でサポートいたします。
いつでもお気軽にお問い合わせください。

代表者プロフィール

サービスの特長&サポート方針

IT化・デジタル化推進に向けた課題として「アナログな文化・価値観の定着」「IT活用の明確な目的・目標の不在」「組織のITリテラシー不足」などが挙げられます。 こうした課題を、IT研修やセミナー参加のような単発・短期的な取り組みだけで解決・解消していくことは難しい。

これまでの企業文化や社風なども大切にしながら、時には一気に、時には段階的に、ITやデジタルの新しい仕組みを採り入れていけるようなチーム・人材づくりをサポートします。

イラスト:作業内容の打ち合わせ

何を目指すか、達成レベルをどうするか、客観的な目標設定から

実現を目指す姿や到達レベル、実現範囲、取り組み内容の優先順位など、効果や成果を評価・確認しながら前進していけるよう、具体的な指標(KPI)設定が大切。

限られた資源(時間、人、費用、情報など)で最大限のビジネス成果を生み出すために、提案や議論を繰り返しながら、目指すべきゴールを具体的に設定・共有するところから始めましょう。


イラスト:ワークショップ型の推進

「語るだけ・伝えるだけ」ではなく、具体的作業を通して一緒に考えながら

「具体的にどう進めていけば良いのだろう?」…新しいことや初めてのことへの取り組みでは、何を、どのような順序・方法で進めていけば良いのかイメージがつきづらいのが当たり前。

基本から応用へと段階的に進める方が良いこと、現場でITを利用・活用しながら実践的に進める方が良いことなど、個々の業務内容やITスキルに適した方法でサポートします。


イラスト:人材育成を視野に

組織のサポーターとしても、お一人おひとりのサポーターとしても

一言で "IT活用" と言っても、事業への活用を考える人、ITシステムの開発・運用を担当する人、通常業務の効率化を図りたい人など、取り組むニーズはさまざま。

従業員のIT力向上(リスキル)推進により、個々の自信やキャリアアップにもつながり、仕事へのやりがいが増す。 結果、組織全体のITスキル底上げや生産性の向上へとつながっていく、そのような好循環づくりを目指します。

お知らせ

お気軽にお問い合わせください

ご相談やお見積もりのご依頼(無料)など、お気軽にお問い合わせください。分かりやすく、丁寧にご対応いたします。
フォームから
問い合わせ

お電話でも受け付けています。 048-984-7127(受付時間:平日 10:00-17:00)

AI自動電話応答サービス(不在時)を導入しています。メッセージを残していただければ、折り返しご連絡いたします。