組織のIT化やデジタル化推進に向けたチーム・人材づくりの支援内容をご紹介します。

【ミドル・シニア世代の従業員向け】IT・デジタルのリスキル(スキルアップ教育)支援

写真:ベテランと若手の会議

ベテランに求められるITやデジタルのスキルとは

学校教育も含めITに触れる機会が多かったデジタルネイティブ世代の方が、IT・デジタル作業を得意とする人が多い。 一方、会社以外の場では学べない自社事業や業務のことを多く知るのは、社歴を積み重ねたベテラン世代。

だから、ベテランが若手と同じIT・デジタル作業をする必要は無い。 若手に的確な指示を伝え、若手からの提案・報告を理解し、会社・事業レベルや中長期的視点でデジタル施策を考えられる…、 会社でベテランに求められるのは、会社事業・業務に精通しているからこそのIT活用スキル。

いつまでも長く「働いて欲しい」思いと「働きたい」思い。 時代の変化に即した「学び」の機会提供で、これまで以上に「人を大切にする会社」の実現を目指しませんか。

詳しく見る

【中小企業の経営者・管理職向け】『見える化』マネジメント研修

写真:リモートとの会議

IT・デジタル活用には継続的な "見直し&アップデート" が重要

しばらく以前から、社内業務にはパソコンが導入され、専門業務や各種の事務作業処理のためにITが活用されてきました。 現在では、あらゆる場面にITが浸透し、単なる処理道具としての利用に留まらず、事業成果をも左右する重要なツールとなっています。

これまでの成功体験を通して経営・管理職の皆様がお考えのベストな業務実施方法・形態の中に、もしかしたら、現在においては最適とは言えないものが生まれている「かも」しれません。

実際にITツールやクラウドサービスを使用して他社事例なども体験しながら、自社に最適な業務のあり方を改めて見直す機会として、この研修を利用してみませんか。

詳しく見る

【非エンジニア職の皆様向け】デジタル人材・チームづくり

トップ図解

組織そして一人ひとりのITスキルアップをサポート

参加者全員がほぼ同じ状態にある新人研修時とは異なり、現在または過去担当の業務内容や役割によっても、ITニーズやスキルは一人ひとり異なっているはず。 そのような状況で、全員が同じ内容・スピードで画一的に進めていくようなIT研修のやり方では、個々の達成度や満足度は全体的に下がってしまうかもしれない。
そうした背景から、「集合型」と「個別型」を組み合わせた形式のITトレーニングをご提供しています。

組織としての方向性や一人ひとりのITスキルアッププランなど含め、いろいろなニーズをお聞かせください。 最適なトレーニング内容をご提案いたします。

詳しく見る