チェンジデザインは、ビジネスITのトレーナー&アドバイザーとして中小企業を支援します。

プロフィール

写真:プロフィール

株式会社チェンジデザイン代表 高田淳志(たかだあつし)

これまで、さまざまな業界、さまざまな立場でITに関わってきました。 独立前は、複数の企業で経営・組織運営側や事業責任者としても活動し、IT技術、業務管理、チーム管理、経営などのさまざまな観点からIT施策の企画・立案~実行~運用まで見渡せる点がアピールポイントです。

ITの知識を使って、仕事が楽になったり、新しい業務への挑戦意欲が湧いたり、そうした皆さんの様子を感じられるのが楽しくて、小規模事業者から大企業のお客様まで広く対応させて頂いています。 皆さんの業務課題を一緒に解決する「パートナー」のような存在でありたいと思っていますので、IT知識の多少など気にせず、お気軽にご連絡ください。

プライベートでは、子どもが既に独立していますし、これから(余生?)は、自分の得意な領域で、ビジネスを通した社会や地域への具体的な貢献を積み重ねていきたいと考えています。

職歴概要

大学在籍中に仲間数名と受験予備校を開業するなど、約10年間、学習・成績指導から教室運営全般に至るまでを務めた後、ITの成長性や必要性を強く感じ、その世界の競争に飛び込み、自らのスキルを磨きたいとの思いからIT業界に転身。

IT業界に転じてからは、プログラミングなどの製造工程から、企画・設計などの上流工程へと段階的に経験の幅を拡大。 IT業界転身前の経営・管理業務の経験を評価していただき、転身直後から、エンジニリング業務と合わせて顧客折衝やチームマネジメントなど多くの役割を任せていただいた。
そのことが、その後のIT業界でのキャリア成長スピードの加速につながったと今でも感じていて、IT未経験者だったにもかかわらず中途採用いただき、育てていただいた当時の会社には今でも感謝が尽きない。

その後は、数社のIT企業にて、役員であったり、事業責任者であったり、経営や事業運営に主体的に関わらせていただく中で、営業・技術・管理各面の業務を推進。 合わせて、IT活用による業務改善や業務フロー改革およびITセキュリティ面を中心としたコンサルティングなど、ITのプロとしても多くのプロジェクトを経験。
格好良い表現をすれば「ベンチャー企業でのプレイングマネージャー」職を長く務めてきたわけだが、失敗を責めたりせず挑戦することを応援する社風の企業にばかり在籍できたことは、まさに奇跡的な幸運。

自らの業務経験に加え、さまざまな業種・状況・立場の企業の皆様とのコラボレーションを通して得られた経験や知識を、より多くの組織に役立てたいという想いの下、2020年4月に独立、2021年7月には法人化し、今に至る。

得意分野

実績

コンサルティング

  • 東京都ワークスタイル変革コンサルティング(テレワーク導入支援、従業員教育など)
  • 業務改善支援(現状業務の無駄・重複を整理し、デジタル化推進を含めた業務再構築)
  • 新規ITサービス立ち上げ支援(インフラ選定、システム・アーキテクチャ選定など)
  • PM・PMO(プロジェクト運営支援)

ITシステム(大規模・複雑なものを一部掲載)

  • 印刷校正業務管理システム(印刷)
  • 出稿業務管理システム(広告)
  • ISO対応文書管理ソフトウェアパッケージ(汎用)
  • 医薬品治験業務支援システム(医療)
  • 外科症例データベース(医療)
  • JV企業間文書共有システム(建設)
  • 中学受験生向け入試速報配信サービス(教育)
  • 商品先物取引業務支援システム(金融)

資格・試験、その他

  • 情報処理安全確保支援士試験合格(情報処理安全確保支援士登録は未)
  • 個人情報保護士(認定番号:証 5061-2000-0196号)
  • 応用情報技術者
  • データベーススペシャリスト
  • G検定(ディープラーニング・ジェネラリスト検定)合格
  • 行政書士試験合格(行政書士登録は未)
  • 日商簿記2級合格
  • 職業訓練校非常勤講師、企業研修講師
  • 技術雑誌記事、ウェブメディア向け執筆

ひと言

最近は、コンサルティングやマネジメントに特化してお仕事をいただくことが多くなりました。 今でも、エンジニア「現役」と思ってはいますが、フロントエンド開発技術の速い変化、機械学習やAI分野の深化など、「昔取った杵柄」だけでは現役キープがますます難しい時代になったと痛感するところです。

何から何まで網羅することは困難ですが、2022年4月からは高校での「情報」科目履修が必須になりましたし、これからも若い世代とビジネスITや最新IT技術の会話が出来るよう、技術知識もメンテナンスし続ける所存です! (今は、これまで実務知識だけで何とかしてきてしまったAWSや統計などの体系的なリスキルや、ITセキュリティ技術や法制度などの最新技術習得を優先課題として取り組んでいます。)