エクセルの便利スキル【第2回】weekday関数で曜日表示

エクセル(Excel)の便利な小技

よく使う機能、よく使う関数を少しだけ深掘りして解説!

インターネット検索で、例えば「エクセル 便利」のようなキーワードで検索すると、多くの解説記事ページを見つけることができます。そのようなことからも、ビジネスを中心とした多くの仕事現場でエクセルが利用されていることが分かります。
「もっと楽にできないのかな?」といった悩みの解決、「え、そんな機能があったんだ!」という新たな気付き、そのような機会となるよう、今回から数回に分け、「意外と使われていない、知られていない」かもしれないエクセル機能の情報をお伝えしていきます。

●第1回:曜日・和暦の書式設定
●第2回:weekday関数で曜日表示
●第3回:条件付き書式でセル色変更
○第4回:月や年単位の日付足し算
○第5回:月初・月末日付の処理
○第6回:日付や時間の足し算・引き算

目次

第2回:weekday関数で曜日表示

便利スキルの紹介第2回目の今回は、セルに入力された日付データから、曜日情報を取得する方法の説明と、それをどんな場面で活用できそうかをお伝えしようと思います。

  • 特定の曜日を条件にして、数式で表示内容を変更する(手入力不要とする)。
  • 週の始まりを火曜日にからにして計算する。

曜日の取得①:weekday関数とは?

エクセルの入力欄にWEEKDAY関数を入力または選択すると、次のようなヒントが表示されます。

WEEKDAY関数について表示されるヒント

「=WEEKDAY(シリアル値, …」と表示されている「シリアル値」とは、イメージとしては日付データのことと考えてもらえればOKです。つまり、WEEKDAY関数とは、「シリアル値」として入力された日付データの曜日を判定し、その曜日を「1~7」の数字で表現する関数なのです。

「1~7」の数字じゃなくて「月、火、水、…」のように文字を取得出来たらいいのに?

エクセルは日本語圏以外の全世界で使用されるアプリケーション、月曜日、Monday(英語)、Lundi(仏語)、Montag(独語)などなど、「表示方法は自分の国や用途に合わせて調整してくださいね」という前提での機能です。日本国内で使用するときでも、「Mon、Tue、Wed、…」のような表示が必要なこともありますし。

曜日に対応する数字の組み合わせを指定して変更することも出来るのですが、基本的には、「日曜日=1、月曜日=2、…」のように割り当てられています。

WEEKDAY関数を使用して取得した数値を表示している様子

例えば、A列の日付を変更したらB列の曜日もズレてしまうから、A列日付に合わせて曜日も入力し直し…のようなことはされていませんか? B列にも数式や書式設定しておくことで自動化できましたよね?(この部分の解説は、「第1回:曜日・和暦の書式設定」をご覧ください。)

曜日の取得②:WEEKDAY関数の活用

WEEKDAY関数が、日付から曜日情報(数値)を計算してくれることで、曜日ごとに自動的に表示内容を切り替えるような処理を簡単に実現することができます。

例えば、水曜日に【定休日】とエクセルのセルに表示するような場面を考えます。水曜日を表す数値は4ですから、エクセルのIF関数を使用して「もし、WEEKDAY関数で取得した値が4だったら、【定休日】と表示、それ以外は何も表示しない」と設定すれば良さそうです。

それを数式で表すと、次の通りです。

  • 設定する数式:=IF(WEEKDAY(日付が入力されているセル)=4, “定休日”, “”)
水曜日に「だけ」定休日と表示

C2セルからC8セルにもすべて数式が入力されているのですが、「水曜日だけ表示する」という条件にしたので、水曜日の2022/05/04にだけ「定休日」と表示されています。これなら、エクセルが「定休日」表示を自動的に行ってくれるので、日付が変わる度に、C列水曜日の欄に「定休日」のコピペを繰り返す作業を省けそうです。

ちなみに、WEEKDAY関数の説明で、「基本的には日曜日が1」と説明しましたが、WEEKDAY関数にもう1つ情報(引数)を追加することで、次のように変更することも可能です。「月曜日始まりの方が直感的に分かり易い」場合などは、変更して使うことも有効ですね。

WEEKDAY関数で、曜日の数値を変更する。

少し応用技にはなりますが、例えば、毎週、日曜日と月曜日には【休み】と表示したい場合は、週の始まりを火曜日に設定すると、IF関数の条件指定をシンプルにできます。ただ、今回は応用例として説明は加えましたが、「火曜日始まり」で1週間を考えることは少ないので、直感的でない分、何かのミスが増えてしまう気もします。

「そのような設定変更が出来るんだ」ということを頭の片隅に留めておき、本当に必要な場面に限って使うことをお勧めします。

火曜日が「1」になるように設定

今回の内容はいかがでしたか?

エクセル(Excel)だけでも様々な処理や操作が可能で、その中でも頻繁に使う機能や関数は絞られるはず。「よく利用する」機能や関数をもう少し詳しく知り、使いこなすことで、今の作業をより早く、より簡単に終わらすことができるようになるといいですよね。


目次
閉じる